いざ、始動!

  • 投稿日:
  • by

いざ、始まりの時

午前10時、103名の新入生を迎えて入学式が行われました。

在校生代表として生徒会長から「藤ファミリィーにようこそ!」という心あたたまる歓迎の言葉があり、新入生代表の挨拶には高校生活への期待と意気込みがこもった言葉がありました。

2017年度、始まりました。

ひとりひとりの 咲くべき花を 咲かせよう

  うつくしく・やさしく・しなやかに

午後、MARIA GARDEN のメンバーが温室で作業開始。

種から花を咲かせることにこだわるMARIA GARDENの活動が始まりました!今年もきっと、初夏の爽やかな風が吹く頃、お花いっぱいのMARI GARDENが学園の庭を彩ることでしょう。

small-DSC_0007.jpg small-DSC_0012.jpg

祈りの集い

新入生のオリエンテーション締めくくりは、祈りの集いです。

先生方の指導で生徒たちが準備し、司会者のリードで厳かな祈りの集いが始まりました。

聖書が朗読され、主任の先生からのお話、そしてキャンドルサービス、共同祈願、聖歌の合唱。

新入生の皆さんの3年間を、神さまが豊かに祝福してくださっておられると感じました。短い時間でしたが、こころ温まる貴重なひとときを過ごせました。生徒の皆さんとそして1年生の先生方、ありがとうございました。

small-IMG_2194.jpg

日本一!

  • 投稿日:
  • by

日本一!

212日、東京で開催された全国高等学校英語弁論大会において、本校の2年生牧野さんが見事に優勝しました。

日本一の栄冠である文部科学大臣賞を獲得し栄誉を讃えてトロフィーが贈られました。

本当におめでとうございました!

本日、全校集会で皆さんにスピーチを披露していただきました。

指導してくださいました先生方、ありがとうございました。また、本人も語っていましたが、たくさんの人々との運命的な出会いやクラスメイトたちの協力が今回の栄誉に結びついたのだと思います。皆さん本当にありがとうございました。

スピーチのメッセージにもあった多様性は、今、世界に求められていることです。

生徒たちが身近なところからこの問題を考え、意見を述べ合い、これからの社会をより良いもにしていきたいという熱意に感動しました。

人生に無駄はない

  • 投稿日:
  • by

2016年、間もなく終わろうとしています。

1月、南の島に120年ぶりの雪、その後は、いろいろありました。

「人知の及ばぬものは、未だ多いのだ」と痛感しました。

自然の脅威はもちろんの事、かの国の選挙結果なども含め、驚きの一年でした。

人の知識などを、鵜呑みにしてはならない。でもしかし、臆病になって行動を起こさないのではもったいない。

生徒たちを見ていると、「人生に無駄はないよ」とエールをおくりたくなる。・・・・・・思いっきり生きて欲しい!

大いに成功して喜び、失敗して泣くのも素晴らしいことです。

英語劇(UL16

英語劇1.jpg英語劇2.jpg

クリスマスお喜びの会(くるみ割り人形バージョン)

クリスマス1.jpgクリスマス2.jpg

メリー・クリスマス! 良き新年をお迎えください。

アドベント・・・クリスマスを待つ季節

  • 投稿日:
  • by

今年の旭川は、先月から記録的な大雪です。

12月に入り、町のあちこちにイルミネーションの光が輝き始めました。

本校でも、先月、合唱部の演奏でささやかながらイルミネーション点灯式が行われ、降り積もった雪にキラキラと輝く光がクリスマスに向けてのワクワクした気持ちをかきたてます。

今週、やっと、定期試験も終わりました。

いよいよクリスマス行事の準備が、本格的にスタートします。

待降節・・・アドベント。

クリスマスの前に、今一度、浮ついた心を整えてイエス・キリストの誕生を待つ4週間。最も夜が長い季節だからこそ、キャンドルの灯りにクリスマスの意味を意識したいものです。

small-FullSizeRender.jpg

small-FullSizeRender3.jpg

開校以来64年間、ドイツから来られたシスター方の教えたクリスマスの本当の祝い方が、今年も生徒たちに伝えられていきます。

small-FullSizeRender5.jpg

生徒の活躍に感激!

  • 投稿日:
  • by

生徒の活躍に感激!

アッ、という間に11月。

今年も残りが見えてきました。

手前味噌ですが、生徒たちの2016年の活躍は見事です。

今夏、インターハイにバスケットボール部が2回目の出場を果たすと、文化部でも全国総文祭に美術部と弁論が出場しました。

しかし、・・・・・・今年は、それで終わりません!

秋になって弁論大会と英語のスピーチコンテストで、それそれ出場した生徒が全道優勝を果たしたのです。

日本語でも英語でも、「全道優勝」という快挙!

小規模の女子校が、ここまでやれる。

生徒たちの活躍に勇気づけられます。

祈り

  • 投稿日:
  • by

祈り

北欧で発展していったキリスト教では、11月は死者の月です。

秋の実りを感謝し収穫祭が終わると、大地は白い雪に覆われます。

北欧の自然環境とよく似ている旭川でも、連日の雪。

ベールのように大地を白い雪が覆うと、なぜか、心が落ち着きます。

自分の今を思うとき、亡くなった方々を自然と偲ぶ気持ちに満たされます。

感謝、感謝。

今日は、追悼式です。

天に召されたシスター方が築いてくださった学校。

今も、天国から護られているのだと生徒たちと手を合わせました。

small-DSC_0002.jpg

アタック! シュート!

  • 投稿日:
  • by

アタック そして シュート

高体連旭川支部予選会が続いています。

今週は、バレーボールとバスケットボールの応援です。

生徒たちのアタックとシュートに一喜一憂しました。

負けたら悔しいし、勝ったら嬉しいのです。

自分の身体は、昔のようには動かないのだけれども。

彼女たちのプレーを見ていると、若き日の思いが込み上げてくるのか・・・・・・。

気持ちが高ぶり熱くなってしまい大きな声を出しているのです。

「ファイト!」「ヨッシャー!」

small-バレー2.jpgsmall-バレー1.jpg

small-バスケット1.jpgsmall-バスケット3.jpg

small-バスケット2.jpg

バスケットボールの決勝リーグは、全校応援です。

生徒会が中心になった熱のこもった応援は、爽やかなに会場に響きわたり大会を盛り上げました。

優勝したバスケットボール部、おめでとうございます!!

的を射る

  • 投稿日:
  • by

small-IMG_0460.jpg

今年は高体連旭川支部予選会で弓道競技大会の当番校を務めています。

天候にも恵まれ、会場である花咲スポーツ公園和弓場誠心館は、8123名の弓道部の生徒たちの緊張感と熱気に包まれています。

弓道は的を射るというシンプルで一瞬で決まる競技ですが、その弓を射るプロセスは日本の文化を心と身体で実感できるスポーツのようです。この歳になって神事としても行われる弓術という世界の奥深さを改めて学んでいます。

集中力、所作、間、こころを整えるという事を若いときから鍛錬している生徒たちを目の当たりにして、うらやましくも思いました。

誰でも人生において、大切な「とき」があります。しっかりと集中して的を射なければならない瞬間です。若々しい高校生たちの可能性に満ちた将来に思いを馳せつつエールをおくる。そんな貴重な時間を過ごしています。

small-IMG_0476.jpgsmall-IMG_0496.jpg

大会も無事終わることができました。

旭川地区弓道連盟の古茂田会長さまはじめ、ご足労くださいました多くの大会関係者の皆さまに心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

いざ 出陣!

  • 投稿日:
  • by

5月も半ばとなりました。

高体連の地区大会が迫り、生徒会主催の壮行会です。

インターハイにつながるこの大会は、放課後、部活動に汗を流してきた3年生にとって、3年間の全てが決する大事な試合の連続です。3年間努力して練習を続けてこられた皆さんに敬意を表し、  全校生徒で選手の皆さんを送り出します。

small-016.jpg

バレーボール部、バドミントン部、テニス部、バスケットボール部、弓道部の選手の皆さん、

頑張れ!! いざ 出陣! 

悔いの残らぬように全てをだしきって戦ってください。

心からエールをおくります!

MARIA GARDEN

  • 投稿日:
  • by

土曜日の午後、マリアガーデンの作業が始まりました。

small-1.jpg

種から育てた苗を自分の担当の花壇に植えていきます。

今年はどんな花壇になるのでしょう。

卒業していった生徒たちが植えた宿根草の株は、一回り大きくなっています。

small-2.jpgsmall-3.jpgsmall-4.jpg

MARIA GARDEN 2年目。

どのような花が咲くのか? 楽しみです!